人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月22日

【横浜好き】4位に浮上、9月だけならセ・リーグ首位となった1週間「週刊ベイスターズいいとこどり」9月14日~20日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

決勝点は相手失策によるものだったが、佐野恵太が初回の内野ゴロの間の打点と勝ち越しの一打で2打点。宮崎が2安打と押し出し四球を含む2四球と全打席で出塁し、途中出場の森敬斗がダメ押し点となる犠牲フライを放った。

◆先発が2試合連続の完投勝利

横浜スタジアムに戻っての中日との2連戦は、投打が噛み合っての連勝となった。12安打9得点と打線が機能した初戦は、先発した今永昇太が9回118球を投げ切り、被安打4、1失点の好投。打っても2点タイムリー安打と、投打の活躍で今季初完投勝利をマークした。

スタメン9人中7人が打点をマークした打線は、先頭打者本塁打の桑原が2安打。ソトが2本のタイムリーで2打点、佐野と宮崎がともに2安打1打点、柴田がタイムリー安打、オースティンは犠牲フライで打点を記録した。打点なしの牧もマルチ安打で存在感を発揮した。

敬老の日、月曜日に行われた第2戦は、ロメロが9回107球を投げて被安打6、3四球と走者を出しながら、要所を締める投球で来日初完投、初完封をマークしてお立ち台に立った。

攻撃陣は、桑原が2試合連続となる先頭打者本塁打から2回もタイムリー二塁打、6回の第4打席にも内野安打を放って3安打2打点。佐野は2回にタイムリー二塁打、5回にはソロ本塁打、7回にも安打を放ってこちらも3安打2打点と、いずれも三塁打が出ればサイクルの活躍。

2人は外野守備でも好守でロメロを助けた。2番でスタメンの大和がタイムリー安打を含む2安打、宮崎もタイムリー二塁打でそれぞれ1打点、ロメロは打者としても2安打を放った。

月曜日を含めた1週間の成績は4勝1敗。中日に代わって4位に浮上し『9月だけなら9勝5敗1分、勝率.643でセ・リーグ首位』という記事も出た。

クライマックスシリーズ圏内の3位までは9.5ゲーム差と遠いが、今後の頑張りで、これをなんとか“後半戦なら“に変え、そして来季は……。開幕ダッシュを決めて“最初から”最前列へ、刺激的な、未知なる世界を期待させる、9月のベイスターズの戦いぶりだ。

◆先週のベイスターズ

14日(火)◯ 3-2 巨人
15日(水)● 6-7 巨人
17日(木)中止  広島
18日(金)◯ 4-2 広島
19日(日)◯ 9-1 中日
20日(月)◯ 6-0 中日

文:大久保泰伸

大久保泰伸

フリーライター、編集者。1969年広島市生まれ、現在は神奈川県在住。出版社勤務を経て、20世紀の終わり頃に独立。別冊宝島野球シリーズの執筆、編集や広島などのOBの著書の編集協力などを行い、同社のプロ野球選手名鑑は創刊時から現在まで関わる。記者活動は2009年にベースボール・タイムズ紙の広島担当でスタートし、15年から野球専門サイトのフルカウントで広島、18年からはDeNA担当も兼務した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ