人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年2月18日

【中日好き】藤嶋健人、失敗こそ財産

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

今季はチャレンジャーとして挑む(写真:球団提供)

2月16日、北谷での日本ハムとの練習試合。1イニングを投げた藤嶋は先頭打者に四球を出したが、その後の打者を3者連続三振に仕留めた。

「初の対外試合で緊張感もありました。先頭打者への入りがだめ。その後、三振は取りましたが、課題が残りましたね。先頭をしっかり切るのは課題ですが、キャッチャーの郡司さんにもストレートは良かったと言ってもらえたので、そこは良かったです。」と収穫も口にしていた。

翌日の全体練習後、個別にブルペンに入った藤嶋は捕手の位置にロープを張り低めへの意識を磨いた。出てきた課題はすぐに潰す。試合の入りでボールが上ずる点を修正した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

折り返した沖縄キャンプ。この後も藤嶋は実戦登板を重ねていく。ストッパー争いをした去年のキャンプから1年。心境の変化はあるのか。

「試合の途中で投げる投手は流れが変わりやすい。先日の試合のように先頭打者の四球は流れを悪くする。この先、持っている球をすべて低めに制球できるようにしたい。最終的には勝ちパターンへの意識は強く持っています。でも、チームのパーツになるには、まずは開幕1軍になる。その思いが強いです」。

シーズンオフには人生の伴侶を得た。二人三脚で挑む2021シーズン。

キャンプ前「もう一度チャレンジャーとしてやります!」。

そう言った藤嶋健人の表情は実に晴れやかだった。

文:森貴俊(東海ラジオ)

NO IMAGE

森 貴俊

1976年愛知県出身。東海ラジオ放送スポーツアナウンサー。ドラゴンズ戦中心のガッツナイターをはじめJリーグ、マラソン等スポーツ実況を担当。原点回帰を胸に、再び強き竜の到来を熱望する43歳。日々体力の衰えを感じるがドラゴンズへの喜怒哀楽は衰え知らず。今年もマイクの前で本気で泣いて怒って笑います!

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ