人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年11月12日

侍ジャパン、変則タイプの投手に苦戦するもスーパーラウンド初戦を勝利。WBSCプレミア12

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

しかし、試合の終盤になると選手層の差が出る。侍ジャパンは緒戦から2番手以降が好投を続けている一方で、打線が終盤に得点を奪えている。7回裏、侍ジャパンがついに追いついた。

無死から5番・吉田正尚がセンター前安打で出塁すると、稲葉篤紀監督は迷わず走塁のスペシャリスト・周東佑京を代走に送る。6番・浅村栄斗は三振に倒れたものの、周東が盗塁を決めて一死2塁。そして周東は二死から三盗も決める。

ここで8番・源田壮亮が意表をつくセーフティスクイズを敢行。一塁に投げればアウトだったかもしれないが、相手投手は周東へのタッチプレーを狙って間に合わなかった。試合は2-2の振り出しに戻る。

源田壮亮はこう説明する。「相手の守備位置を見て、ヒットを打つのとどちらが確率高いかを考えました」。

稲葉篤紀監督はこう振り返る。「2アウトでしたので、もちろんノーサインで、本人の意思でやりました。私もまさかとは思いましたけれど、国際大会ではああいうところで何かやってやろうというものが非常に大事」。

オーストラリアのデーブ・ニルソン監督はこのプレーをこう称えていた。「日本のスピードが我々のプレッシャーになった」。

「(源田が)完璧に決めなければいけないスクイズを完璧に遂行した。周東の足はワールドクラスだし、今大会でも群を抜いている。観客席から見ると簡単な場面に見えたかもしれないけれど、一塁も本塁もギリギリだったと思う」。

8回裏にも侍ジャパンが粘りの攻撃を見せる。二死から3番・近藤健介が左中間に渋く落とす二塁打で出塁すると、4番・鈴木誠也は申告敬遠で一塁を埋める。

ここから代打・山田哲人、6番・浅村栄斗も連続四球を奪い、侍ジャパンは押し出しで勝ち越し点をもぎ取った。

◆試合結果
豪州|0 0 1 1 0 0 0 0 0|2
日本|0 0 0 1 0 0 1 1 X|3

侍ジャパンはオーストラリアに3-2で逆転勝利を飾り、スーパーラウンドの緒戦を飾っている。スーパーラウンド2位以上、つまり決勝進出に向け、幸先の良いスタートを切った。

文:大島和人

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ