人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年8月29日

ダルビッシュ有、現地放送局が「とんでもないことだ」と絶賛

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ダルビッシュの連続無四球は、2-1のリードで迎えた5回に先頭打者のトッド・フレイジャーを歩かせたことで、142人目の打者で途切れた。

しかし、水曜のジャイアンツ戦で、4被弾して6-2のリードをふいにしたときと違い、ダルビッシュ(5勝6敗)はその後3人の打者を打ち取り、今季最高の8回を投げた。

ダルビッシュは5安打1四球7奪三振でお役御免となった。彼が8奪三振に届かなかったのは6試合振りのことである。

とは言え、オールスター後、ダルビッシュは9試合に先発して72奪三振に対し3与四球としており、7月の初め以降、26.0という奪三振と与四球の比率(78:3)はメジャーでトップの数字となっている。

なお、現地放送局の『NBCスポーツ』は、試合終了後のポストゲームショーにて、この奪三振と与四球の比率について「とんでもないことだ」と驚嘆。

「ゾーンやカウントに関係なく素晴らしい制球力を見せている」とした上で、「チームは盛り返す選手を必要としていたが、ダルビッシュは正にその選手になっている」と絶賛した。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ