人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年8月12日

田中将大、8回無失点の快投でブルペンの負担を軽くする

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ヤンキースの田中将大は日本時間12日(現地11日)、敵地でのブルージェイズ戦で先発登板し、8回0/3を3安打無失点4奪三振と快心のパフォーマンスを見せ、今季8勝目をマークした。

◆試合結果
NYY|0 0 0 0 1 0 0 0 0|1
TOR|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0

J SPORTS 番組情報

  • メジャーリーグ中継2019

    日本人選手先発試合を中心に放送!

  • 新番組がスタート!「MLBイッキ見!」

    「MLBイッキ見!」 メジャーリーグ情報を1週間分まとめてお届けする新番組がスタート。見逃したあの試合、日本人の活躍状況、注目の選手etc…1週間分のMLB情報をイッキに網羅できる!毎週金曜日 午後10時~ J SPORTS 1

『MLB.com』が同日付で掲載した試合の速報記事によると、この日の田中の快投についてヤンキースのブーン監督は、「正にドクターに指示された通りだった。

マサはマウンドに上がると、効率的に投げた。特に中盤のイニングがそうだった。彼は悠々と投げていたと思うし、我々にはそれが必要だった」と述べたとのこと。

また、同記事によると敵将モントーヨ監督も、「今日の彼は絶好調のタナカだった。我々はこのところ打撃好調だったが、今日は投球の全てがゾーン低めに来ていた。1日中バランスを崩されていたね」と脱帽するほかなかった。

また、地元紙『ニューヨーク・タイムズ』は電子版に「マサヒロ・タナカが正にヤンキースの必要としていた珠玉の投球を展開」と題した記事を掲載。

副題で「ヤンキースが重い負担を抱えたブルペンで、17日間で19試合という苛烈な期間を耐え抜かなければならないなか、タナカが困難な障壁であるトロントに対し8回の傑出したイニングを投げる」とした上で、次のように田中のパフォーマンスを伝えた。

「日曜の午後、マサヒロ・タナカは首にタオルを巻き、腕組みをしながらヤンキースがブルージェイズと対戦した試合の最後の瞬間を見守った。

先発ローテーションに多くの穴が空くなか、彼は切望されていた猶予を提供したばかりだったのである」。

この試合まで、田中が完封した6月17日以来、8回まで投げたヤンキースの先発投手はいなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ