人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年7月22日

今日の3回戦はプロ注目の右腕2人が苦戦。都市対抗野球

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

【都市対抗野球2019】

日立製作所 vs. 三菱重工神戸・高砂 ハイライト(第9日 第3試合)

第3試合は三菱重工神戸・高砂 (神戸市・高砂市)と日立製作所(日立市)の対戦。

日立製作所は2回裏、6番・大塚直人が二死からソロ。大塚の2試合連続本塁打で先制する。

日立の先発はSUBARUからの補強選手・川上雄太朗。身長こそ170センチと小柄だが、球威とスライダーの切れ、制球力を持つ右腕だ。

川上は6回まで三菱重工神戸・高砂を零封。しかし、7回に二死1・2塁とピンチを迎え、さらに代打・木村侑輝の打球が三遊間を襲う。

二塁走者がスタートを切っていたため「抜ければ1点」の打球だったが、ショート遠藤康平はよく追いついて内野安打に留める。

その後、2番手・岡直人が二死満塁のピンチをワンポイントリリーフで封じ、日立はリードを守った。日立は8回から、3手投手に高橋史典が登板。やはりSUBARUからの補強選手で、2回戦は先発で好投した。

高橋は8回、一死満塁のピンチを連続三振で凌ぎ、9回のピンチも最後は空振り三振で締めた。日立は2試合で合計3得点と打線が低調で、6打数3安打3打点の大塚頼みとなっている。

しかし、初戦に続いてSUBARUからの補強選手が好投。最少リードを守り、準々決勝に進んでいる。

◆試合結果
三菱重工 |0 0 0 0 0 0 0 0 0|0
日立製作所|0 1 0 0 0 0 0 0 X|1

文:大島和人

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ