人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月21日

それでもレッドソックスは、歴代ワースト記録を更新しない……はず。

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

ただし、2013年に上原浩治、田澤純一両投手を擁して97勝65敗(勝率.599)でア・リーグ東地区を制し、その勢いを駆ってワールドシリーズになったものの、翌2014年は71勝91敗(勝率.438)で同地区最下位となっているのでどこか、嫌な感じもする

当時のレッドソックスのように、優勝したチームが翌年、低迷することをメジャーリーグでは「Hang Over(二日酔い)」と呼ぶ。

もちろん、本当に選手たちが「二日酔い」しているわけではないが、優勝パレードなどの球団行事が入るお陰で「オフが短くなる」ことに低迷の理由があると見られている。

実際のところ、ワールドシリーズ優勝チームがその翌年の最初の20試合で負け越したのは、過去10年では今年のレッドソックスを入れて3チームしか存在せず、「二日酔い」したチームはそんなに多くない。

ただし、過去10年のワールドシリーズ優勝チームで翌年もプレーオフに進出したチームも、ヤンキース、カージナルス、カブス、そしてアストロズの4チームしか存在しないので、その「二日酔い」が定説になってしまったのかも知れない。

スロースタートから巻き返したチームとなると、2015年の最初の20試合で8勝12敗と負け越しながらも最終的には84勝78敗で地区優勝を争った2014年のワールドシリーズ王者、ジャイアンツのみだ(それでもプレーオフには進出できなかった)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ