人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年3月11日

「平野のカーブを隠せ!」メジャーのオープン戦で展開される隠蔽工作?

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

ホームでの同地区対決を避けただけではなく、「来たついでに視察されたら嫌だ」とでも言わんばかりに、わざわざ敵地で行われるマイナー試合を選んだところにチームの意図が見える。

ついでに書いておくと、平野の初戦では、主砲ゴールドシュミット一塁手をカージナルスに放出した時の交換要員で、先発の一角を占めることが期待されるウィーバー投手や、未来の守護神と見られている救援のロペス投手も登板した。

平野の2戦目には、エースのグリンキー投手や、平野と同じ救援の柱であるアーチー・ブラッドリー投手も、やはり同地区対決を避けて登板している。

実はこの試合、エンゼルスも新戦力ハービー投手が先発し、同じ新戦力のルクロイ捕手がその球を受けた。前者は怪我の出遅れを挽回する意図、後者は初めてコンビを組む投手を理解するためだった。

さらに指名打者プホルスが調整のために毎イニングの先頭打者として出場。ハービーの配球を理解するためにマスクをかぶったルクロイが毎イニング、2番打者として登場する(結果的に)変則試合となった。

当日のエンゼルスの相手がレッズで、お互いのキャンプ地は遠く離れていることを考えれば、当然の措置だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ