人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年11月28日

2019年殿堂入り投票の見どころ リベラ最高得票率? ミスターDHは?

MLB nation by 豊浦 彰太郎
  • Line

投票者の中には以前は現場にはもはや足を運ばない「幽霊部員」も少なからずいた。しかし、2015年の投票からそのような者が100名以上追放され、前回は422名だった。

鉄板リベラ史上最多得票なるか

今回は、歴代最多の652セーブを記録したマリアーノ・リベラが新たに候補者名簿に名を連ねた。彼の一発選出は間違いない。それどころか史上初の満票選出の期待すら一部にはある。しかし、現実には難しいだろう。常に「ひねくれ者」はいるからだ。

史上最多得票率は2016年のケン・グリフィー・ジュニアで99.32%た。その際、「投票しなかった者(3人)は表に出て理由を述べるべきだ」という声も主要メディアから挙がった。歴代2位の98.84%のトム・シーバーの場合、5票を逃しているが、内3人は白紙投票だった(野球賭博で永久追放になったピート・ローズが本来なら資格を得る初年度だったため、そのことに対するレジスタンスだったとも言われている)。同7位の97.38%だった82年のハンク・アーロンのケースでは、あるラテン系記者はアーロンを回避しベネズエラ出身のルイス・アパリシオに票を投じた(アパリシオはその2年後に選出されている)。完璧な経歴の候補者にもいかんともしがたい部分があるのだ。

また、近年は空前の有力候補者ラッシュのため、5%を割って次年度の被投票資格を失いそうな候補者(前回7.3%だったアンドルー・ジョーンズなど)を救済するため、あえて選出確実なリベラへの投票を回避するケースもあるかもしれない。したがって、「満票」というより「史上最高」なるか、ということに注目したほうが良いだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ