人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年11月9日

【楽天ベストゲーム】田中和基、新人王候補が初のサヨナラ打(2018年9月29日)

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

◆田中の活躍を願った仲間の声

春の久米島にて

そんな田中の葛藤を知ってか知らずか、則本昂大もベストゲームとして、この田中のプロ初サヨナラヒットの場面をあげている。

4月6日にホームで史上5位の早さで1000奪三振を達成した則本は、自身のことは二の次とばかりに、このゲームをあげるとこう言った。「田中にはがんばってもらいたいから」。

「同級生として奮起した」と田中を称えるのは、森雄大。2012年にドラフト1位指名で入団した高卒6年目で、飛躍が待たれているサウスポー。

今季は、一軍でプロ最多の9試合に救援登板し、防御率2.37とこれまでの4点台5点台から大幅に改善。

「少しずつ良くなってはおります」と控えめに今季の自身を振り返りつつも、「和基、すごいなと思いながら、自分も頑張らなきゃいけないという気持ちになりました」と自身に喝を入れた。

今季のスピードスターとして奮闘した島井寛仁も、この試合が「一番印象に残っていますね」と選択。

「やっぱり、今シーズン自体、田中のイメージが強すぎました。だから、余計に印象に残っているのかもしれませんが、今季の彼の活躍ぶりは、本当にすごいと思います」。

ちなみに、田中本人は8月5日のロッテ戦でホームランを含む3安打を放った試合をあげている。最後のホームランが良かったのだと。

「第3打席、インコースまっすぐを見逃して三振したんです。それで第4打席も同じような球で仕留めようとしてきたのを、ホームランにしました。狙われたところを、ばーんと理想的に打てたので」。

体勢を崩されながらもヒットを重ねたという田中は、理想のバッティングを実現した一打を最高の場面に選んだ。そんな場面はまたいつ実現するかわからない。田中は、来季に向けての目標について聞かれるも、こう話していた。

「これからもメンタル、フィジカル、また一から積み重ねていきたいです」。来季はどんな活躍を見せてくれるだろうか。

◆ファンが選ぶ!東北楽天ゴールデンイーグルス 2018 ベストゲーム放送予定
・11月09日(金)午後06:00 楽天 vs. 埼玉西武(8月12日)J SPORTS 2
・11月10日(土)午後10:00 楽天 vs. 北海道日本ハム(9月29日)J SPORTS 2

松山ようこ

松山 ようこ

フリーランス翻訳者・ライター。スポーツやエンターテイメント関連コンテンツの字幕翻訳をはじめ、Webコンテンツ、関連ニュース、企業資料などの翻訳や制作を請け負う。J SPORTSでは、主にMLBや侍ジャパンのほか、2015シーズンより楽天イーグルスを取材し、コラムやインタビュー記事を担当。野球の他にも、幅広くスポーツ選手はじめ著名人を取材。Twitter @yokobooboo

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ