人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年10月17日

連覇を目指す若き侍ジャパンの投手陣、U-23ワールドカップ

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

◆種市篤暉(千葉ロッテ)右投右打 20歳
・1軍: 7試合 0勝4敗 38.1イニング 防御率6.10
・2軍:12試合 1勝4敗 40.1イニング 防御率5.13

今夏に地元・青森で開催されたフレッシュオールスターゲームでは153キロを記録。強気の投球を見せる本格派だ。

◆寺島成輝(東京ヤクルト)左投左打 20歳
・1軍: 1試合 0勝0敗 2イニング 防御率27.00
・2軍:20試合 7勝5敗 90イニング 防御率3.40

2016年のドラフト1位で、履正社高校時代から全国区だった本格派左腕だ。当時「高卒ビッグ4」と言われた高橋昂也(広島)、藤平尚真(楽天)、今井達也(西武)は既に一軍で勝利を挙げているが、寺島はまだ一軍未勝利。二軍で徐々に積み上げている。

◆櫻井周斗(横浜DeNA)左投左打 19歳(新人)
・1軍:登板なし
・2軍:18試合 2勝3敗 48.2イニング 防御率7.03

日大三高時代は清宮幸太郎(北海道日本ハム)を5打席連続三振に打ち取ったこともある好左腕。スライダーは絶品だ。野手としても評価されていたが、本人の希望で投手に専念している。

◆阪口皓亮(横浜DeNA)右投左打 19歳(新人)
・1軍:登板なし
・2軍:18試合 3勝9敗 82イニング 防御率6.15

186センチの本格派右腕。2017年夏の南北海道大会までは完全に無名だったが、全国高校野球選手権で衝撃デビューを果たした。148キロの速球とカットボールを持ち、昨秋のドラフト会議では3巡目指名を受けた。二軍でもまだ打ち込まれているが、これだけの登板機会を与えられている部分に球団の高い評価が見て取れる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ