人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年9月5日

6回ノーヒットノーランで「侍ジャパン U-18代表」が「スーパーラウンド」進出

野球好きコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

侍ジャパン 4 0 3 5 1 2 15
スリランカ 0 0 0 0 0 0  0

1回裏、先発の渡邉は、2つの三振と捕ゴロで三者凡退。2回裏も1死から四球で、初めてのランナーを出すも、後続をファーストゴロ併殺打に打ち取った。

3回表、日本は2死2・3塁から、6番野尻の左中間2点タイムリーツーベース。7番蛭間のセンター前タイムリーヒットで3点を追加。7-0とリードを広げる。

さらに日本は、4回にノーアウト満塁からパスボールで1点を追加すると、奈良間の三遊間を破るタイムリーヒット、野尻のセンターオーバーの2点タイムリースリーベース。さらに送球が乱れた間に、野尻も生還。、12-0とリードを広げた。

4回裏からは40球を投げた渡邉に代わり、左腕の山田龍聖(高岡商)が登板。スリランカの1番からの打線を3者連続三振で完璧に封じ込めた。

5回表に1点を追加し、13-0とした日本は6回表にも1死2・3塁から、小園のセンターオーバーの2点タイムリースリーベースで15点目を奪った。その裏、日本はメンバー唯一の2年生奥川恭伸(星稜)が、昨日に続き登板。3者連続三振に討ち取った。

これで、日本が15-0で6回コールド勝ち。3投手のリレーでノーヒットに封じ込め、順当に開幕から2連勝を飾り、「スーパーラウンド」進出を決めた。日本は明日水曜日に、2連勝同士となる韓国と対戦する。

日本の永田裕治監督は「少しフライが多く、思うような打撃ができなかったが、3人のピッチャーがノーヒットに抑えてくれた。走塁は日本の野球ができた」とコメント。

また、渡邉投手は「初めて日本代表の先発を任されたが、緊張もなく気負わず自分のピッチングが出来たと思う。ストレートも変化球も自分のボールが投げられた」と話した。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ