人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年7月18日

【都市対抗】今日の関西勢は3戦全敗。1回戦が終了しベスト16が出揃う

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

第3試合はJR東海(名古屋市)がパナソニック(門真市)を4-2で下した。後攻のJR東海は1回1死からヤマハからの補強選手・青柳直樹がソロ本塁打を放って先制。

6回には元中日ドラゴンズの“ぶーちゃん”中田亮二がタイムリー安打を放ち、2-0とリードを広げ、ドラフト候補の右腕・吉川峻平から得点を重ねる。

JR東海は7回にも2番手の左腕・榎本亮を捕らえた。1死2塁から代打・池田樹哉がセカンドの内野安打を放ち、相手の失策も絡んで2塁走者が生還。1番・佐藤大将のタイムリー安打もあり、リードを4点に広げた。

先発の戸田公星は一昨年にJR北海道からJR東海へ移籍してきた30才の苦労人。細身の体から投げ込む速球、フォークは球速こそ平凡だが、変則フォームも相まってパナソニック打線を苦しめる。

パナソニックは8回に105キロの巨漢・片山勢三が代打本塁打、3番・三上恭平と連続本塁打を放つが、2得点にとどまった。

JR東海は戸田公星の完投勝利で、7年ぶりの1回戦突破を達成。パナソニックは創業100周年の節目を飾れず、大会6日目の敗戦チームはすべて関西地区代表だった。

本日の東京ドームで3試合を観戦したお客さんは、9本塁打が飛び出す“花火大会”を堪能したことだろう。1回戦の16試合で飛び出した本塁打はこれで計24本となった。

大会7日目となる7月19日(木)は、下記の2回戦3試合が予定されている。
第1試合:NTT東日本(東京都) vs. 三菱日立パワーシステムズ(横浜市)
第2試合:大阪ガス(大阪市) vs. 新日鉄住金かずさマジック(君津市)
第3試合:JR西日本(広島市) vs. 東芝(川崎市)

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ