人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年7月16日

【都市対抗】熊本と鈴鹿も敗戦。Honda3兄弟が揃って1回戦で姿を消す

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

第2試合は昨年も4強入りした三菱日立パワーシステムズ(MHPS/横浜市)がHonda鈴鹿(鈴鹿市)を4-1で退けた。

MHPSは初回に4番・龍幸之介の2ラン本塁打で先制すると、5回にも二橋大地が外角低めの難しいボールをソロ本塁打。

二橋は9番打者ながら、盛岡大学附属高時代に2012年夏岩手県大会決勝で、あの大谷翔平から本塁打を放った選手だ。龍は6回裏にもソロ本塁打を放ち、2本塁打3打点の大活躍だった。

Honda鈴鹿は6回途中から登板した3番手の右腕・瀧中瞭太が打者8人をパーフェクトに抑え、6奪三振を奪う快投を見せる。しかし、松本桃太郎、柘植世那といったドラフト候補を擁する強力打線が、わずか4安打と振るわなかった。

楽しい応援で東京ドームを盛り上げるHonda勢だが、14日(土)の第3試合に登場したHonda(狭山市)も含め、今大会は残念な3連敗となっている。

MHPSは先発の奥村政稔が140キロ台の速球、縦に大きく落ちるカーブのコンビネーションでよく投げた。奥村は6回表に1失点こそ喫したが、7回途中から左腕・左澤優、右サイドハンドの本多裕哉とつなぎ、最少失点に封じた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ