人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年6月13日

【大学野球選手権】快速の道産子伊藤が完投勝利(日本文理大学 vs.苫小牧駒澤大学)

野球好きコラム by 岩瀬 孝文
  • Line

「北海道の大学リーグはいい野球をしています。北海道学生と札幌学生、自分たちがそれをつなげていく役目を持っています。明日、慶大戦のピッチングはとても楽しみでなりません」
好投手伊藤は、しっかりと前を見据えてた。

いよいよ次なる対戦は、混戦の東京六大学を制した慶大だ。
チーム内で切磋琢磨しあう投手による抜群の継投策から、4番主砲の郡司(仙台育英)や柳町(慶応義塾)らの強打を秘める優勝候補。
そこに連投となる北のエース伊藤が低く伸びるストレートで果敢に攻める。さらに2番手で登板する岡本(札幌大谷)がその打棒を封じて勝機がやってくる。
東都駒大の流れをくむ苫小牧駒澤大の道産子野球が本領を発揮する、正々堂々とシード校の慶大に立ち向かうその勇姿をしっかりと目に焼き付けたい。

岩瀬 孝文

岩瀬 孝文

ノルディックスキージャンプの取材撮影は28年以上、冬季五輪は連続5回、世界選手権は連続12回の現地入り取材。スキー月刊誌編集長を経て、2007札幌世界選手権では組織委員会でメディアフォトコーディネーターを務めた。 シーズンに数度J SPORTS FIS W杯スキージャンプに解説者として登場。『冬はスキー夏は野球』という雪国のアスリートモードにあり、甲子園の高校野球や大学野球をつぶさに現場取材にあたっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ