人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年5月21日

大谷翔平からメジャー通算2,500奪三振を記録したバーランダーの復活

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

去年の5月、当時はアストロズでプレーしていた青木宣親外野手(現東京ヤクルト)が、やはり当時タイガースでプレーしていたバーランダーから2安打した。当時、青木は「昔はもっと凄かったんでしょう?」と謙遜して言っていたが、バーランダーとは通算24打数9安打(打率.375)と相性が良かった(マリナーズの会長付き特別補佐イチローは、対バーランダー63打数18安打である)。当時バーランダーはこう言っていた。

「彼(青木)から空振りを取るのはなかなか難しいってのは分かっていたから、インプレーになっても安打にならないような投球をしたつもりだよ」

前出のように当時のバーランダーはまだ調子が上がっておらず、「ついでに」と思って聞いた「今の調子」についてはこう答えている。

「どんな結果になろうとも、投げ続けるしかない。今までがそうであったように、次の登板までにしっかりと準備して、自分の投球を遂行することだけしか、僕らにはできないのだから」

人気漫画の名言ではないが、「あきらめたら、そこで終わり(漫画は「試合終了」だったか?)」である。チームのために投げ続けること。プロ野球選手であり続けること。そのために厳しいトレーニングを自らに課し、なるべく良いパフォーマンスを発揮できるようにコンディションを整えること。その結果が空振り率や三振奪取率の向上であり、プレーオフでの好投であり、「エースの復活」なのだと思う。

ナガオ勝司

ナガオ勝司

1965年京都生まれ。東京、長野、アメリカ合衆国アイオワ州、ロードアイランド州を経て、2005年よりイリノイ州に在住。訳書に米球界ステロイド暴露本「禁断の肉体改造」(ホゼ・カンセコ著 ベースボールマガジン社刊)がある。「BBWAA(全米野球記者協会)」会員

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ